スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール(条件)


自分の手法、ルールはシンプル

押し目買い、戻り売りを狙う。

↑自分のルールはこんだけなんだけど、
たくさんの意味が含まれてる。

だから、手法やルールを教えても意味無いんだよな。


んで、細かく書いていけば、チャートのどこを見ているかって話になる。





まず、押し戻りを狙うんだけど、まず押し戻りってなんだよ?って話


それを定義しますと、

トレンドが続くであろう相場で、トレンドに乗りたいねって話。



なもんで、まず、条件として、

トレンドが発生している。

もしくは、発生するであろうから、続くであろうから、押し目や戻りを狙うぜって



前提?条件?


まぁ、言葉は好きに使えばいいけど、

トレンドが必要だよって話。




んで、何故押し目や戻りを狙うのか?



トレンドという味方をつけると同時に、ストップが小さく設定できるから。



ストップを小さく設定ってのが重要。



相場を張ると、どんなトレードでもリスクを負う。

だからこそリターンを得る事ができる。



たいていの奴は勝つ事しか考えてない



だからこそ、安易にトレードしてしまう。

相場は不確実だと言う事を心から理解していれば、

損切りが小さくなる所を探すのは必然じゃね?




ブレイクアウトもブレイクアウトしなかったらさっさと切る。

押し戻りも、自分が安値を切り上げたと思われる所を割ったら切る。



んだけど、とにかく動きが必要。トレンドが必要だわ。

だから、まずは自分なりにトレンドを定義する。



そのトレンド判断には何を使っているか?


俺の場合

図で解説しますと。。。


20140917無題

直近のユロ円の1時間 上昇トレンドね


まず、上昇トレンドになるかも?と気づける事が大事。


・レンジと書いてあるBOXがある。
まず、ここをどちらかに抜けるまでは手出し無用


何故レンジと判断するか?


・高値安値を切り上げたり、下げたり出来ていない
・MA2本とレートが絡まるように推移している
・同じ価格帯で推移している


まぁ、結局これも終わってからレンジだねって話なんだけど、

止まってるチャートで判断できなきゃ、右端でイメージできるわけ無い

んなもんで、レンジと定義したとする。



で、押し目買い、戻り売りってトレンドが必要だろ?


てことはレンジで押し目も、戻りもなくね?


だから、上か下に抜けるまで待ってるべきじゃね?



んで、この場合上に抜けた。


そして、Aの高値を作って、一度下落する。


そして、押し目を作って、再度上昇。Aをぶち抜く


このチャートは、しっかり高値A、B、Cをぶち抜いて、

トレンドが発生した。



んでも、発生しなかったかもしれない。


だけど、トレンドが続くと仮定して、トレードするしか無いのだわ。



だから、まずはトレンドが発生しているね

トレンドが発生するかも?

トレンドが続くかも?


って言う事に気づける事が必要



んで、以下にトレンドの特徴をまとめる


・上昇トレンドが続くのであれば、必ず高値をぶち抜ける

・一本調子で上昇、下落し続ける事は少なく、押しや戻りをつける事が多い

・トレンドラインが引ける

・価格が横ではなく、上下(斜め上や斜め下)に推移する

・短期MAと長期MAがくっついたり、離れたりする

・上昇トレンドなら、レートはミドルバンドの上を推移する事が多い

そんなとこかな?


自分はHL.TL.MAを使ってるって書いたけど、

画像のように、ラインやMAを見てますよって事。



書いてて、わかりきった事、月並みな事になってしまったんだけど、

これ相場の基礎だよな?



んでもこれが大事なんじゃね?




押し目や戻りを狙う奴が、レンジでボコボコになるって、こういう判断をおろそかにしたり、




この基礎と言われて、当然知っている。わかっているんだけど、金に目がくらみ、

トレードしなくては儲からんという思考に陥ると、この判断を疎かにしてしまう。

エントリーしたいという思いが先走り、価格の推移を全然見ていない。



ちなみに、上は全部自分で経験した事。。。。。w



まず、押し目や戻りを狙うのなら、


トレンドが発生するんじゃね?
トレンドがこのままつづくんじゃね?



今現在はレンジではないよな?って判断を大事にする事が第一歩だと思う。



逆に言うと、レンジと判断できれば、トレンドの判断もできますよって話だな。



あー、あと、これは後付けチャートだから。


もちろん、こうなる事もある。





なんか汚いけどw

トレンド発生するかな?と思って入りました。

高値越えられませんでした。

レンジりました。下へ落ちました。




そしたら切る。そのためのストップが小さい所って話

建値で切った方がいいの?って話はまた別の話

そーゆーのが検証。ま、いいか




直近の高値はやっぱ意識されて戦いが起きるから、


高値越えられるかなんて誰にもわからん。


ポジション取る=リスクを取る


これが理解できていれば、損切り様様です。





つーわけでまとめますと。


・一本調子でレートがぶっとぶ事は少ないですよ。押しや戻りを待ちましょうね

・なぜならストップが小さくすむからですよ

・押し戻りのエントリーの前に、トレンド、レンジの見極めが大事ですよ

・インジやオシレーターは、それを判断するための道具ですよ

・判断がつかないのなら、手出し無用ですよ

ってのが俺のルール。考え方ね。

全然まとまってないまとめ



次は、実際に押しや戻りをどう捕らえているのか?

ってのを書く。


先に言っておくけど、特別な方法なんてない。

もちろん浅い押し、深い押し、いろいろあって悩むかもしれんけど、

確実なんてない。

んでもこういう見方してるよってのを書く

ちと時間掛かるかも



つか、見返したけど雑。


勝手に書き直したりするかもしれん。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。