スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏です



書くこと無いから書こう

やほおで香川のインタビューが出てた。



「自分と向き合うのは本当に難しい」

「向き合っていくしかないのかなと思うんです」


あずきバー食いながら読んで納得した。


この前余裕ぶっこいてあずきバー食いながらチャート見てたら遅刻したし。


あずきバーにはまる夏 in 2014サマー

夏って2回言ってるし

自分で突っ込んでるし




最近は自分のための自分による、自分のレポートを作ってる

まぁ、めちゃくちゃ書くことあるよね。


基本、紙に書かないと、あんま文章書けないんだけど、

沸いてくる。思っていることが。
キーボードで下書き書けるわ

それが単純にレポートになる。



んで、今思ったのが、結局書いてる事って考え方なんだよな


しかし月並みなんだよな・・・書いてあることが・・・

まぁ、でも負けを管理するしかねーんだもん。




んー。でも一番最近感じていることってのが、


やっぱ自分で考える事が一番大事だよね。


遠回りしているようで近道だし、失敗が失敗って認識できるし。


相場なんて本当なんでも良いからね

セオリーなんてあるようで無いから

セオリー自体も自分で作るもんだし。

セオリーってなんだよって話


自分で考えて自分でやるから、うまくいったときも、失敗したときも経験になるんかな。



理由について考えるのが大事


まず、何のために相場やってんの?から始まり

なんで今の手法なの?なんでこういうルールなの?

何でこの時間軸使ってんの?

何で買ったの?

なんで?なんで?なんで?


子供かよって話なんだけど、現実こんな理由ばっか求める奴めんどくせーんだけど、

自分が自分でやって、自分で完結させるトレードなんだから、

これをやってるとやってないととじゃ大違いだと思うんだよね、

まぁ、相手もいるんだけど

自分で何度も聞く。自分自身に。

自分で何度も確認する。なんで?どうして?


もちろん明確な答えなんてでない時もある

ってか、出ないときのほうが多いんでね?人生甘くない

相場も甘くない




「売買記録つけて、くだらんトレード確認して、数字だして体感して、
それがいかにくだらないか確認する。
そしてそれに集中して、課題にして、克服する」

↑こんな事よく言われているけど,皆わかってるんじゃね?



ある程度ルールあって、損切りして、オーバートレードしなければ、

トントンくらいにはなるって皆わかってるんじゃね?


それより、オーバートレードする理由、

損切りできない理由


それを自分に問う事が重要


何度も自問する。自答する。

なかなか気づかないかもしれん

答えなんて無いことかもしれん


んでもたまには気づく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。