スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTF


また気付きがあったので書き記す。

タイトルのMTF

マルチタイムフレームw

まぁ、英語で言うとそれっぽいけど、複数時間足をみるってことだろってんで、
自分は主に5分と30分と4時間と日足を見ている。


で、練習していて思ったのだけれど、
なんか違和感があったんだよな。すげー違和感。

利食いに悩むっていうか、伸ばす、伸ばさないの話の前になんか違和感あった。

で、思ったんだけど、5分足と30分足をどっちがメインなのかわからんトレードしていたわ。

んでもって時間足複数みてるから混乱してるんじゃね?と考えた。

4Hと日足は1日のトレードの最初に見るくらいで、大まかな流れ、4Hと日足のミドルバンドの把握くらい。

だからあんま気にしてないんだけど、複数時間足の見方を考えてた。


んで、以下、自分解釈で答えが出た何故複数時間軸をみるか。誤解を恐れずに書く。
つっても誰も見てないけど。それより、相場にはどれが正しいってのはないんだよな。

-----------------------------------------------------------------------------


理由①
下位時間足でタイミングを計るため

理由②
上位時間足で大枠の流れを見るため

この2点だと思っている。



①は日足とか4時間とかで押し目や戻りで入る場合。
例えば上ブレイク後にレジサポまでレートが下がって、買いで入ろうと思ったとき、日足のロウソクだけで入るのは入りづらい。だから、トリガーとして、4H足のWボトム、MA抜け、オシレーターが云々とかで、エントリ。
短い足でも反転を確認して入る。とか、そんなイメージ。損切り幅も小さくできる。


②は1分や5分、15分なんかをメインとしているトレーダーがいたとする。
短い時間足はしょっちゅうトレンドの向きが変わるし、指標や大口のポジションで乱高下するとぐちゃぐちゃになる。
そんなときに、1時間足とか大きめの時間軸を見る事で、目線を固定できるし、ぶれない。
トレンドが大きい時間足に波及すれば、伸ばす事だってできる。


①は長い足②は短い足で使うイメージ。(自分のイメージね)


ってことで、2つの見方がある事に気付いた。ってか、頭の中を整理した。


で結局は、自分のメインとしているチャートがどれなんですか??って話なだけ。
そのチャートに対して、①と②の両方の考え方があるってだけ。

んでもって、①も②も言っている事はたいして変わらない。というか同じだよな。
上から下か下から上かってだけ。

複数のチャートで判断して、有利に進めようとする。
それが逆に不自由になっていたなんて笑えたw


また一つモヤモヤが取れた。

モヤモヤしている事があるなら考えれば良い。売買記録を見直して、自分の考えを書き殴る!!
強くなるなら自分に聞くのが一番早い!

他人の意見に答えなんて無い!!!!!

理解していなかった自分を恥じるのなら、知ったふりした自分を恥じろ!!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。