スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑念


今、練習をしている時にでてきた感情。

強い上昇だなーと思ったんだけど、同時に新しい手法が思いついた。
まーそれはいいのだけれど、自分は今押し目買い、戻り売りの練習をしている。

しかも、売買記録を見直して、Myパターンを発見したばかり。
そのMYパターンを頭に刷り込む。体に覚えさせるべく、練習をしている。
練習でできなければ、本番でできるわけないと思ってるから。


そして、そのMyパターンはそこそこの押し戻りを拾う手法なのだけれど、
強いチャートを見て、他のパターンに目がいってしまった。

まー隣の芝はなんとかってやつなんだけど。


最初は一つ出来ればいい。
いろいろ考えることはあるのだけれど、自分のMyパターンは月に10回くらいは来る。

少ないと思うかもしれないけど、自分のスタイルならこんなもん。

んで、やっぱりその時々に機能しているであろう手法に目が行ってしまうのだよな。
これは何度も自分は繰り返してきた。

そうじゃなくて、自分が今できる事を一つずつ練習するしかないんだわ。
一つ習得すれば、必ずそこからの新しいパターンを発見できると思っている。

というか、すでに発見しているのだけれど。

でも、同時にはやらない。

背伸びはしない。自分の今できる事に集中する。






スポンサーサイト

説明できるのか


流れる値動きの中で、自分がどこを取りたいか。
どういう所を狙っているのか。


人に説明できますか?


すごく大事。

不確実なのだけれど、相場の波にのまれないようにするには自分の基準が必要。

一貫性、規律。

これほど大事なものは無いわけ。


相場ってのは生きている。
人間が感情や思惑、様々な形で取引をしているのだから、正に生き物。

そこで一貫した結果を残すのは自分自身にかかってる。
一貫したトレードをするのも自分自身。
波に飲まれるも自分自身。
諦めるのも自分自身。
全ては自分自身。


なぜ月トータルで勝てないのか?
知ることができるのも自分だけ。

簡単な所に答えはあるわけで・・・


何でトータルで勝てないの?

自分に自信がないから

これしかねーだろっっ!!!!!!

そりゃそうだよな。

自分のルールで勝てるって自信がなきゃびびるし、
エントリ
損切り
利食い
全てに迷いがでる。

最後は手法のせいだわ。

本、ブログ、商材、セミナー

どんなに優れたトレーダーに教わったって、トレードするのは自分だぞ?

確かに気持ちはわかる。
すがりたくもなる。泣きたくもなる。諦めそうにもなる。

それより、自分は精一杯やっているのか??

これに目を向ける。


実現性


その手法、ルールに実現性があるのか?

これがものすごい大切な事に気が付いた。

例えば、ルールで短期なのか、日をまたいで長めに持つのか。
性格、今の仕事、PCを見れるかどうか。
いろいろあるんだけれど、

今、練習していて、

玉を調整して定率損切りにしたらどうなるか?
利食いにものすごいストレスがあるので、分割決済したらどうなるか?

なんてのが思いついたし、実際に試したくてしょうがないルール

んで、例えばこういうルールで結果がよくなったとする。
獲得pipsが増えるのか、獲得金額が増えるのか。
どっちでもいいのだけれど。

んで、思った。
これってルールが良いからなの??
ルールが良いから獲得金額が増えたの?

そうじゃないと思うんだよな。

自分がやっていて、

損切り幅が広くてエントリを躊躇してしまう。
そのときに限って伸びる。悔しい。次のトレードに影響でる。

利が伸びるかどうかなんてわからないから、利食いをしたくて仕方がない        
利食いすると、伸びた時に何故か悔しい。
利食いして、伸びなかったらラッキーと思う。

これって自分の感情。

それを減らすためにこのルールを思いついた。

もちろん、損切り幅がどれくらいならエントリしないほうがいいのか(最大許容損切り幅)
どれくらいは最低でも利益が必要なのか。(最低の利食い幅)
を把握しておく必要はあるし、固定枚数でも利は残るんだけど。

逆に言うと、

今のルールで月平均100pips
新しいルールで月平均50pips

だったとしたら獲得pipsだけでみるのか??
って話になるんだよな。

それよりも心理的に負担が少ない方を取るってのはどうよ。

要は自分に合致したルールかどうか。

だからルールは自分で作る。

実現性のあるルールを選択する。

更に言うと、トレード中に感じた感情で、何がストレスになっているのか???
それが分かれば自分にあったルールを思いつく。
考える事ができる。

出来上がってしまえば、あとはひたすら練習しまくって、
月トータルで負けない。
それさえ頭、体に刷り込めれば、こっちのもんよね。

損小利大?


今日は練習しながら利食いについて考えていた。

なんかしんないけど、損小利大が相場の基本となっているんだよな。
まー基本って何が基本?ってくらい相場に基本なんてあるのかわからないけど。

で、練習していると、押し戻りで入るんだけど、とりあえず直近の高値or安値を抜けるか抜けないか
って話になってくるんだよね。

んで、こればっかりはわからないんだよな。
値動きの強さとか、雰囲気とか、わかるようになるんかな?少なくとも自分はわからない。

利を伸ばすのって、どうしてもドローダウン大きくなる傾向があるんだよな。
で、細かく食うと、ドローダウンは小さい。
ただ、勝率が高めじゃないといけないので、結構エントリーにビビル。


んで、利を伸ばす方は欠点として、相場次第ってのが大きい。先はわからないから。
それともう一つ大きい課題があると思っていて、
損小利大で勝率が低く、ドローダウン大きめのトレードをしているとすると、
兼業で相場張っているとしたら、その月に数回しかないであろうトレードをしっかり張れるか。
って問題が出てくると思う。

要は、仕事で帰りが遅かったり、帰宅時間が変則的になったりして、
検証や練習で確認しているように相場を監視できるのか?
しっかりと数少ない伸ばせるトレードを拾えるのか??

ってのが大きな問題になると思うんだよな。
スイングレベルで、4H、日足とかなら休憩中や朝の注文でいけるのかもしれないけど。

そう考えると、短期で考える方が自分はしっくりくるし、ドローダウン長いの耐えられん。

ただ、練習していて出てきた感情で、やっぱり利食いしたくて感情が揺さぶられる。
勝率も結構高めをキープできているんだけど、勝率高めってのは結構精神的にも大変なんだよな。

じゃーどうするんだよ?ってのですごく良い案を発見した。

分割決済!!!

玉操作の部類になるのかな?
ピンポイントでエントリーして、ピンポイントで利食いなんておこがましいわw
ってことで、すごい楽しくなった!

練習について


よくある相場ブログだと検証しろって書いてあるんだよな。
確かに検証って大事なんだけど、俺は逃げていたわ。

確かに結構やった。結構やったのだけれど、途中から意味無い状態。
意味無い事なんて無いのだけれど、面倒な事から目を背けていた。

やり方なんだけど、
フォレックステスターってソフトで

スペースキー連打
   ↓
 エントリ
   ↓
スペースキー連打
   ↓
 エグジット

こんなんばっかやってたw
意味の無いことはないのだけれど、機械的なベースデータってのか?

例えば、ブレイクでIN 50pipsで利食い。 -20pipsで損切り。

って完璧機械的なルールがあったとして、それを損幅ひろげたり、利食いを思いっきり伸ばしたりして、
勝率、とかドローダウンとか連敗とか、そういう統計データみたいのを取って、傾向をつかむ。

損幅めっちゃ狭くすると勝率悪すぎて耐えられないな。とか、
利食いめちゃくちゃ伸ばすと、ドローダウンハンパじゃないんだな。とか、
あーこれは自分のトレードできる時間帯ではエントリー全く来ないな。とか、

そーゆー基礎的なこと(重要だよ)を見たり、

損切りが全くできなくて種飛ばしまくる人だったりすれば、
完全に機械的にトレードして、損切りの重要性、機械的にトレードした方がマシ。
ってのを知るためだったりでは超重要なんだけど、

システムトレーダーじゃないんだよな。
俺は裁量トレーダー!!

裁量ルールでスペースキーカチカチ進めて、1時間くらいではい1ヶ月とか
なーーーーんも意味なかった!!!意味無いことわかったから意味あるのか。

練習という言葉に変えたw

んでも結構逃げてたなー。面倒という感情から。

相場で強くなりたい<面倒 なんだよな。


結局、裁量検証で何か月分も回して、トータルで負けない。という事を理解。
頭に、体に染み込ませる必要があるんだよな。

それをやらないとどうなるか

自分に自信がもてない(自分のトレードに自信が無い)
       ↓
不安でエントリー見送ったりする(ビビリ)
       ↓
    それが順行する
       ↓
    うわってなって、次からちゃんと入る
       ↓
    ドローダウン来る。(スペースキーでかちゃかちゃ飛ばしてると、ドローダウンなんて無いと思うレベルで過ぎ去るから、あれ?ってなる)
       ↓
    裁量の部分に曖昧さが出る(頭、体に刷り込ませてないから、わけわからなくなる)
       ↓  
    手法が悪いんじゃないかと思う 
       ↓
    手法を変えてトレード開始 
       ↓
    上に戻る

こうなる。つか、こうなっていた。

別にスペースキーカチカチで裁量練習できるのなら良いんだけど、
俺には全く意味なかった。

だから1ヶ月分やった。3日くらい掛かった。時間で言うとどれくらいだ?
とにかくめちゃくちゃ掛かった。

結果。。。



やって物凄く良かった。
これが練習か。これが裁量か。って思った。

ドローダウンも実戦にくらべたら物凄く短いんだけど、それなりに感じたし、
やっぱり裁量で月トータル負けない!!って頭、体が無いから凄い不安になった。
何にビビってるのかわからんけど。

でもこーゆーのが大事なんだよな。
気になる事も、ものすっごくたくさんでた。

とにかく、検証ソフトでそれなんだから、そりゃ実戦で諦めるわ。。。

つか、なんで売買記録見直さないんだって思ったw

練習してたらめっちゃ見直ししたくてたまらんくなったぞwww

自分の中で良いループが始まった。


エントリ③


さっき練習していて、自分の癖をみつけた。

30分足トレンドの押し目、戻りを狙って、5分でエントリがマイスタイルなのだけれど、
5分に集中して見入っている事がわかった。

5分のエントリーは結構ざっくりなんて書いておいてワロタw

まーでもこーゆー発見を大事にしていきたいよね。

そんでもって、直近のユロ円30分足のチャートで思ったことを書いておく。







上昇トレンドの反転なのだけれど、上の画像と下の画像は同じもの
キレイにTLに沿って上昇していた。
これも結果論なんだけれど、ここの下落だったら、自分はどこで入るのか?
入れるのか?
って考えた。

決して、上から下まで取ろうとか、そーゆーんじゃなくて、
練習していたら5分ばかり目についてしまったので、30分を息抜きに眺めていたんだけど、
一つ思いついた。

上の画像と下の画像だと波の捕らえ方が違うって事。
赤丸の部分ね。自分なりにジグザグを引いたんだけど、

上の方はゆったり目に引いた場合、ダウの転換を疑うのは黄色丸になって、
その後の強い下げはたぶんはいれないかな?
一発上ひげつけた後に入れてるか?

まーいいか。

んで2つ目の画像は小さい波で見た場合。
TL付近の黄色丸で反転を疑える。んでもって、前回高値明確に抜けられず、
TL割れ付近で入れているのかなーと。

大きめの波なのか、小さめの波なのかって事なんだけど、
どっちも正解なんだよな。

大きい波で見ると、ネックラインが4時間足と同じになるし、
小さい波でもしっかりと前回の高値を抜けられずWトップみたいになってからの下落
=意識されている。

ってなると思うんだよな。

ってことは答えは一つではなくて、どちらの考えもOK
んで、自分が注目したのは値段。

30分でみると、ジグザグを自分で引く前はどこが安値かいまいちわかりづらかったけど、
下の画像の細かいジグザグも10pipsくらいは安値をしっかり更新しているんだよな。
5分だと明らかなんだけど。

んで、ロウソクの実体は下げ渋っているように見えるのだけれど、
値段として、しっかり抜けてるんだよな。

そんで自分の抜いていく値幅から考えると、細かいジグザグで考えるのがベターなんかな。と思った。

まーでもチャートの右端で判断しなくてはいけないもんで。
それが一番難しいのだけど。
中指ができたら高値安値ってとりあえず考えてる。

あーこうやって自分の頭を整理すると良いなーはかどるわ。

結局右端で判断しなくてはいけないので、難しいのだけれど、
こういった、視点、考え、意識、
そのものがなくては、ぶれぶれなんだよね。5分ばかり目がいってしまう。

30分の波を押し戻りで取りに行く。
波の定義はダウ理論。
30分高値安値は中指で考える。

まぁ、最後はトレンドが続くときはこうなる。
って仮定して、入るしかないんだけどなw

エントリ②




自分のルールは前回書いたように、30分足のトレンドを5分足でエントリって書いた。
で、トレンドの定義にダウ理論を使っている。

上の画像は5分足なのだけれど、赤の水平線が高値。青が安値。
この前の流れがないもんでアレなのだけれど、まぁ細かい所はいいか。

こんな具合に高値切り下げて、安値も切り下げている。
=ダウ理論で下降トレンド。あ、これ直近のユロ円の5分足ね。


で、自分は丸のところで入るんだわ。押し戻りでエントリしてるんだわ。
高値切り下げを確認したところで。

あまりに曖昧だと一貫性が無いもんで、トリガーってのか。エントリータイミングのルールもある。



んでだ、こんな出来上がったチャートであえて書くのは理由がある。
つーか、出来上がったチャートなら誰でも書けんだよっっ!!!!
って話。

無意味。無味無臭。って感じ。
MT4を眺めながら、どーゆー箇所を自分が獲りたいのか?
どんな根拠でトレードするのか?

そーゆーのを考えるのは大切で、そっからルールなり手法を自分なりに考えればいいんだけど、


押し戻りを狙います。
上の丸印で売ります。
損切りは赤の直近高値の少し上に設定します。

↑ができたら苦労しないんだよな。本当。


このチャートには問題があるんだよな。

丸の上の赤ライン。直近高値なんてわかりっこねーんだわ。
もういっちょ反発上昇して、最初の直安の青ライン(ブレイクライン)が高値になるかもしらん。


ブレイクアウトにしたってそう。ブレイクと思って入ったら何度も戻され、切る。
押しが深い相場には全然通用しない。

押し戻りは一発で飛んでいく相場に乗り遅れる。

どーーーーーーーーすりゃいーーーーーんだよ???

俺はこんな事ばかり考えていた。


というより、手法のせいにし、相場の未来は誰にもわからん。
ってのを知ったふりしてすっかり忘れていた。

練習もはかどらない。実戦でもルールをコロコロ変えてしまう。
実戦を中止し、練習に逆戻り。グルグル回る。

こんな人多いんじゃないのか??
今ふと思ったわ。


んで最近だよ。本当最近。やっと自分なりに答えでてブログ書いてるんだけど、
これはきっと自分で発見?しないと、本なり、ブログなりに書いてあっても理解しないわ。
たぶん。


よーはどこが高値になるかなんてわからない。
どこが押し目、戻りになるかなんてわからない。
相場の未来なんてわからない。

ないないないない言っててもしゃーないから考える。。


俺は考えてみたらピンポイントで押し戻りを捕らえようとしていたんだわ・・・・

そーゆーのはもっと先のステップ。
つか、プロでも損切り当たり前なのに、ピンポイントで入れると思うのがおこがましいわけ。

立花氏も3分割で買い下がる計画的ナンピンで、押し戻り入ってるみたいだしな。
ふと思い出したわ。


んで、対策案として考えた。
①切られても入り直す
②結構ざっくりでいいじゃんエントリー

どっちもアリ。どっちも正解。つか、②はすごい軽くなったな心が。
①は前からやっていたから普通なんだけど、5分足でピンポイントなんておこがましい。
じゃあざっくりイコーゼって話。

トレンドが続くのなら、順行するし、
しないのなら切る。
コントロールできるのは損切りだけなんだよな。
損切りは過去から設定できるもんな。



結局は練習不足、見直し不足と言われればぐうの音もでないのだけれど。
で、エントリーの方法、トリガーにばかりこだわる。地獄だわw

んでも、結構そんなんでつまずいてる人多いだろ。実際。







エントリについて考える


相場ってのは基本2つの行動しかない。

「建玉と手仕舞い」

以上。

この際、買いか売りかは置いておいて、自分にできるのは建て玉と手仕舞い

できる事はすごく少ない


基本トレードは

エントリ
損切り
利食い

に分けられると思うんだけど、どこでいつ決済しても良いから難しい。


エントリについて以下、自分の考え

基本的には相場が開いていて、自分に資金があればいつでもエントリできる。
じゃーどこでエントリすれば良いのか。

これは見ている時間軸や、トレードスタイル、無限にある。

日足と1時間足では、同じ通貨でも全然違って見える。
実際は同じなんだよな。値段だから。

足確定の時間を変えるだけで、あんなにも違って見える。
実際、ひとつの山で値幅が違うんだけど。

日足
2

1時間
1


緑で囲った所がだいたい同じ場所。
これだけ情報の差がある。赤い四角は1時間だとWトップっぽいけど、日足だとただの揉みあいレベルだな。

日足のロウソクの中に24本の1時間足があって、それが形を作る。
チャートの形なんかで見るには見やすいんだよな。

んで、自分のエントリ方法なんてもんはごくごく一般的で、
30分足ダウ理論で相場の方向を把握して、5分足でエントリしていくってだけ。

5分足はあくまでエントリだから、そこまで気にしない。
5分のエントリ方法にこだわっている時期もあったけど、そこじゃないんだよな。
もっと大きな流れ。

自分が取りたい流れ。自分の性格、生活スタイルから決めた時間軸。
それを決めて、小さい足は本当に大体でいいのよ。

最後の最後のエントリ方法なんてこだわる必要ないのよ。

自分がどの時間軸のどの波をとりたいのか。

これをはっきりさせる。

また続き書く



トレードスタイル

書きたいことやまもり。
どんどんアウトプットしよー!!

次はトレードスタイル

これは超絶大事。
なぜなら、生活スタイルが人によって様々だから。

今はありがたいことに、低スプレッド、インターネットで誰でも簡単に相場が張れる。
そして、自分のスタイルにあったトレード方法が選択できるのかもしれない。

でも、選択肢が広がるってのが必ずしも良い事とは思わないけど。

迷いがでるから。

長くなりそうなので、戻す。

で、トレードスタイルについてだけど、まずは時間だよな。
自分のトレードできる時間。
朝早く仕事して、夜中まで毎日仕事を頑張っている人は相場見る時間があまり無いかもしれないし、
ずっと相場を見れる環境の人もいるかもしれない。

基本サラリーマンなら、NYの時間なのかな。相場見れるの。
だけど、相場が見れるから儲かるわけじゃない。むしろ凄い負けるかも。

超短期~日足、週足レベルのトレードまで様々。
どれを選びますか?

昔は短期なんてなかったんだよな。昔の相場師は日足のみ。
それでもプロはいたんだわ。

自分はエントリは5分
30分、4時間、日足を見ている。って事で

トリガーばかりに目が行く


今日はもう一つ書く!!

相場の未来はわからない。って書いたのだけど、
エントリー方法にこだわる時期ってあると思う。

そう、手法だね。やり方。

エントリーのタイミングを計るためには確かに大事なのかもしれないけど、
手法の罠ってのかな?手法を知れば勝てる!
みたいなの。

そんなものは無いんだよね。実際。
インジケーター組み合わせたり、オシレーターでタイミング計ったり、
それは良いのだけれど、

最後は値段だよ。という話

値段が全てじゃん。
ユロ円だったら、今1ユーロ141円です!!!
ってだけ。

自分が妄信的にストキャスが買われすぎだから売り!!とか言ってるだけ。
海外旅行でドル買うときにストキャスとか見ないだろ?ってなもんよ。


一貫性を保つため、相場の動きを見やすくするために使っているのであって、
通貨を売買してるんだよ!って話だな。

全てのインジケーター、オシレーターも値段からできている。



相場の未来はわからない

相場理論を少しずつ書いていこうと思う。

相場理論なんて言うと大げさだけれど、自分がどう相場と向き合っているのか、自分の考えを落とし込むために書いていく。


今日は相場の未来はわからない。って事


相場の未来ってのは絶対にわからない。ってのを前提にトレードしている。
でないと、期待、不安、感情がすぐに襲ってくる。

この大前提は分かっていても、すぐに忘れてしまう事だと思っている。
なぜなら。。。

ブレイクをピンポイントで当てようとしたり、
押し戻りのポイントを必死に探そうとしたり、
エントリーの“方法”ばかりにこだわったり。


これは相場の未来にこだわっているんだよなーと思う。
だから心の底から落とし込む事が必要。

未来なんて分かるわけがない。相場次第。
未来がわかるのなら、誰も苦労はしないし、世界一の金持ちはそいつだ!!!
って事。

どんなに頭の良い数学者でも、どんなに優れた預言者でも、相場の未来はわからん。

なぜなら、世界中の相場師の思惑を全て加味して、判断を下すなんて無理なんだよな。

じゃー自分にできる事は???
って所を考える!!!!


はじめに

FXやってます。RRです。
相場で強くなる!!を目標に日々努力します。

資金増やしつつ、枚数上げてる最中!
もう少し!あと少しでぶち抜ける!!!!

自分のためのブログ。


検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。